生理前のつらい腹痛、下痢…もう悩まされたくない!

生理前に腹痛や下痢になるととてもつらいものですよね?この痛みは大きなストレスにもなります。毎月こういった症状に悩まされている女性は、実はとても多いのではないでしょうか。

 

これらの症状の原因は、もしかしたら生理前症候群(PMS)かもしれません。

 

このサイトでは、生理前にいつもやってくる腹痛や下痢などの症状の原因と、その解消方法についてまとめてみました。

 

なお、おすすめの生理前症候群(PMS)のサプリには、めぐルナ、ルナベリーなどがあります。これらはチェストベリーというハーブなどを主成分にしており、安心して飲むことができるのが特徴です。

 

 

生理前の腹痛や下痢などの症状はいつから起きる?その考えられる原因と解消法

 

お腹がちょっと痛い女性

生理前症候群(PMS)が原因かも?

生理前からはじまる腹痛や腰痛、便秘の原因は、生理前症候群と呼ばれるものがもっとも大きいとされます。生理前症候群はPMSとも呼ばれます。

 

生理前症候群は、生理前の3日〜10日ほど前から起こり、この生理前症候群になると、精神的・身体的な症状が現れてきます。ホルモン分泌の異常が原因とされていますが、はっきりとはまだわかっていません。

 

生理前は黄体ホルモンの分泌が増えて、これをきっかけに体の自律神経バランスが崩れてしまいます。自律神経は内臓の働きや血管・血流の状態を自動的にコントロールしているものです。

 

黄体ホルモンが過度に分泌されると、自律神経の働きも乱してしまい骨盤内膜あたりの血液が滞りやすくなります。そのために腰やおなか周りが重いと感じたり、だるくなり腰痛を招くのです。

 

腹痛の場合は、プロスタグランジンというホルモンの影響で起こります。このホルモンは子宮を収縮させて、生理中の子宮内腔の経血の排出を促す作用があります。

 

ストレスや体の冷えなどが影響してホルモンバランスが乱れると、このプロスタグランジンの分泌が増えます。腹痛や下痢症状が起こるのはこのホルモンが子宮収縮を引き起こすと同時に、腸を過剰に刺激するためです。

 

生理前は黄体ホルモンが腸の働きを抑えていますが、生理が始まることで減少し腸が活発に働きはじめ、これにプロスタグランジンの影響が重なることが腹痛の原因なのです。

 

腹痛や下痢・腰痛を抑える対処方法

体を温める

腹痛や下痢・腰痛を抑える対策方法としては、共通するのが体を温めることです。冬はお腹の周りを腹巻やカイロで温め、温かい飲み物を飲むようにしましょう。

 

お風呂は38度から39度の温めのお湯に、20分から30分ほどゆっくりと浸かることが有効です。

 

食べ物に注意する

食生活にも注意してください。添加物の多い食品は消化に負担をかけてしまい、腸周辺の環境を悪くする危険性があります。カラダの栄養バランスを考えて、1日3食摂るように心がけてください。

 

またプロスタグランジンを抑える方法として、カルシウムとDHA・EPAが含まれた食材を摂ることが良いとされます。カルシウムは干しエビやしらす・ひじきなどを、DHA・EPAは青魚とエゴマ油・亜麻仁油などで摂れます。

 

体に良い油

 

生理前の吐き気を抑える対処方法

生理前から生理前半までの期間に、プロスタグランジンが体内で急激に増えることは説明しましたが、このプロスタグランジンの量が増加しすぎると、強い腹痛が引き起こされます。

 

また、プロスタグランジンは子宮の血管を収縮させて、腰痛やだるさなどを引き起こすだけでなく、胃腸の働きにも大きな影響を与えるので、吐き気や下痢などの症状もあらわれてしまうといわれています。

 

そのため、吐き気を抑えるためには、プロスタグランジンの増加をうまく抑制することがポイントになってきます。

 

プロスタグランジンは、身体が冷えて血流状態が悪くなると、子宮を収縮させる力をより高めるために過剰に分泌されてしまうので、まずはしっかり身体を温めて血行をよくすることが、生理前の吐き気や腹痛の緩和につながります。

 

生理前の腹痛に効くとされる鎮痛薬には、痛みのもととなるプロスタグランジンが過剰に分泌されるのを抑える働きを持つ薬もありますので、こういった鎮痛薬を利用するのもひとつの方法です。

 

また、即効性はないといわれていますが、漢方薬などを利用することも有効ですので、専門医に相談してみるのもおすすめです。

 

生理前や生理中にもう太るのはイヤ!

ダイエットをしてもなかなか効果があらわれずに悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。その原因はダイエットをする時期に関連性がある可能性があります。

 

女性の場合はホルモンバランスの影響によりダイエット効果があらわれやすい時期とあらわれにくい時期があります。

 

ダイエットするのに適していない時期って?

ダイエットに最も適していない時期が生理前や生理中(月経期)です。その理由としては、最も太りやすい時期なのでせっかく食事制限や運動などのダイエットを頑張っても無駄になってしまうからです。

 

生理前になるとプロゲステロンという黄体ホルモンが過剰に分泌されます。プロゲステロンが優位になることでエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少して劣位になってしまいます。

 

この女性ホルモンの減少は、ホルモンバランスの乱れにつながってしまい、太る原因に結び付いてしまいます。

 

生理前に太る原因は5つあった!

生理前に太る原因は大きく分けて5つあります。

  1. 食欲異常による暴飲暴食。生理前になると自律神経が乱れてイライラしたりストレスがたまりやすくなったりしてそれが食欲にあらわれてしまうことがあります。
  2.  

  3. 基礎代謝の低下。基礎代謝が低下することで自ずと消費カロリーも低下してしまうので太りやすくなってしまいます。
  4.  

  5. むくみ。生理前は代謝が低下して体が冷えたり血流が悪くなるのでむくみやすくなります。余分や水分や老廃物を溜め込みやすくなり痩せにくい体になってしまいます。
  6.  

  7. 便秘。生理前の体の不調として便秘の症状があります。
  8.  

  9. プロゲステロンの影響により体脂肪を溜め込みやすくなる。

 

ダイエットするのに適している時期は?

生理前や生理中はとても太りやすい時期となりますので、効果的かつ効率的なダイエットに適している時期は生理後です。

 

生理後の1週間は女性が最も輝く時期であり、エストロゲンが優位になり代謝もアップしてめぐりの良い状態なのでダイエット効果があらわれやすくなります。

 

ダイエットに適している時期を知って効果的に、かつ効率的に痩せましょう。

 

ハートを持つ女の子

 

生理前の腹痛は妊娠超初期症状かも?

妊娠を望んでいる女性なら誰しも、生理前は緊張したり不安になるものです。そこで妊娠していた時の症状やその仕組みを詳しく見ていくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

妊娠超初期症状とは?

妊娠していた場合、妊娠超初期症状が現れる時期が生理前や生理予定日辺りで、妊娠検査薬で陽性が出る前の小さな体の変化のことを指します。

 

どんな症状があったら妊娠の兆候?

妊娠初期症状が出る出ないは人によって様々ですが、風邪のような微熱やだるさを自覚症状として感じる人もいれば肌荒れや頭痛、排尿痛、恥骨痛がある人もいます。

 

その中でもお腹の張りや腹痛を感じる人もいますが、これは妊娠して子宮周辺の筋肉が引き延ばされることで子宮への血液が増加するのが主な原因です。

 

痛みも人によって様々で、チクチク痛むという人もいれば締め付けられているような痛みを感じる人もいます。

 

生理痛と妊娠超初期症状との違い

生理痛とこのような痛みの違いはというと、生理痛はプロスタグランジンという子宮内膜から分泌される成分から来ています。

 

また、卵子に着床した時に痛みを感じる人もいるといわれる着床痛は、まだ医学的に解明されておらず、専門家には排卵痛や妊娠に伴う子宮の変化ではないかと指摘されています。

 

妊娠超初期症状の見分け方

一番妊娠が分かりやすい症状は黄体期が長く続くということです。

 

黄体期とは、別名「高温期(高体温期)」とも呼ばれます。基礎体温には低温期と高温期があり、高温期が2週間以上続く場合、赤ちゃんを妊娠している可能性が高いのです。

 

更におりものでも黄体期であるのかが見分けがつく方法もあります。白く濁っており、匂いがきつくサラサラしているものが黄体期のおりものの特徴であり、後半になるにつれてドロッとした感触に変わります。

 

体調がいつもと違ったら専門医へ

日常生活の中で、ほとんどの人に妊娠による体調の変化のサインが出ているので、妊娠・出産を望んで妊活中の方は、これらの症状を参考に当てはまっているかどうかを確認してからでも早期妊娠検査薬は遅くはないです。

 

生理と見分けがつかない症状もあり、戸惑ってしまう場合もあるかもしれませんが、妊娠期間に入ってからの妊娠兆候による体調の変化は、症状によって危険な場合もあります。

 

体調がいつもと違うと思ったら、そのままにしないで産婦人科など専門医に見てもらいましょう。

 

子宮外妊娠と妊娠超初期症状の違い

正常妊娠と子宮外妊娠などの異常妊娠の見分けは難しく、子宮外妊娠でも妊娠超初期症状が現れる場合が多くあります。正常妊娠の着床出血と子宮外妊娠の不正出血の見分けも難しいものです。

 

また、初期流産により出血する場合もあります。出血では排卵日前後に起こる排卵期出血などもあり、その判断も難しく、血液検査などの検査方法が行われます。

 

正常妊娠でも腹痛などがある場合には安静にする必要があることが注意点ですが、子宮外妊娠の場合、突然の卵管破裂やショック症状などの急性症状が起きる場合があります。

 

下腹部痛などがある場合は、安静の上専門医を受診し、適切な治療を受けることをおすすめします。

 

夏の海の波打ち際で遊ぶ女子

 

生理前の辛い腹痛…どんな薬をどのタイミングで飲めば効く?

生理前の不快症状の一つに、腹痛があります。個人差があり、感じない方は全く感じませんが、中には寝込んでしまうなど仕事や学校に支障をきたす方もいますので、単なる生理痛と侮るわけにはいきません。

 

この不快な生理痛に対処するためには、どうしたらよいのでしょうか。

 

生理前症候群が原因なら・・・

生理前症候群(PMS)が原因なら、上記でおすすめしたルナベリーやめぐルナなどのサプリがおすすめです。

 

その他、市販薬もあります。たとえば、プレフェミン(ゼリア新薬工業)や命の母ホワイト(小林製薬)。これらは、薬局やドラッグストアなどで購入可能なため手軽です。それぞれについては、こちらのページで詳しくまとめています。

 

プレフェミンはこちらの記事
命の母ホワイトはこちらの記事

 

鎮痛薬を飲んでもよい?

生理前の腹痛や下痢に悩まれている方が最も気になるのは、はたして鎮痛薬を飲んでもかまわないだろうか、という点でしょう。鎮痛薬というと身体に悪いような気がして、飲みたくとも我慢している、という方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言えば、無理に痛みを我慢するよりも、鎮痛薬は上手に利用した方がベターです。痛み止めを飲むタイミングとしては、痛くなり始めたらすぐに飲んだ方が良いでしょう。

 

生理痛・腹痛の起こるメカニズム

そもそも生理痛が起こる理由は何でしょうか。生理痛は、月経痛や月経困難症などとも呼ばれるものです。

 

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、生理が近づくと、私たちの体内の女性ホルモンのバランスが変わります。それによってプロスタグランジンという物質が分泌されます。

 

これは、生理による経血を体外に排出させる働きをしているので、非常に大切な物質なのですが、同時に痛みを感じさせる発痛物質でもあるといえます。

 

このプロスタグランジンが多く分泌される人ほど、腹痛が強くなって激痛になるというわけです。ですから、大量にプロスタグランジンが分泌されてすっかり痛みが強くなってしまってから飲んでも、あまり効果が期待できないのです。

 

おすすめの鎮痛薬は?

では、どのような鎮痛薬がおすすめでしょうか。一般的にはロキソニンやバファリンといった鎮痛薬が用いられることが多いです。ロキソニンやバファリンにはプロスタグランジンを抑える働きがあり、それによって痛みの軽減を図ってくれるのです。

 

副作用は大丈夫?

気になる副作用としては、胃の不快感などの現象があげられます。プロスタグランジンには胃の粘膜を強化する働きも同時にありますので、抑制することで胃の粘膜が荒れやすくなってしまうのです。

 

鎮痛薬を飲むときは、胃の調子を見ながら、量を調節して飲むなどの工夫をしましょう。

 

生理前の憂鬱な腹痛は、ロキソニンやバファリンなどの鎮痛薬で押さえることができます。無理せずに上手に利用して、腹痛を吹き飛ばしましょう。

 

生理前の下腹部痛は病気の可能性も!

生理前に下腹部痛があった場合、病気になっている可能性もあります。

 

子宮内膜症や卵巣嚢腫などさまざまな病気がある

子宮内膜症は20代から40代女性を中心に多い病気なのですが、受精卵のベッドとしての役割を持っているはずの子宮内膜とよく似た組織が子宮以外の場所で女性ホルモン・エストロゲンの働きによって増殖・剥離を繰り返すのです。

 

子宮筋腫は女性ホルモンによって子宮の内側や外側・筋肉の中に腫瘍ができる女性特有の病気です。命を脅かすようなものではないものの放っておくとどんどん大きくなってしまいます。

 

卵巣嚢腫は卵巣に腫れの生じた状態です。卵巣内の卵胞が過剰に刺激されて卵巣が膨れ上がる卵巣過剰刺激症候群や卵巣腫瘍なども下腹部の痛みを感じます。腫瘍の場合は悪性のケースもあるので、検査が必要です。

 

子宮付属器炎は感染症の一種で、抗生物質などの治療薬を投与しますが、重症になると手術が必要になる場合もあります。子宮口から子宮頚管まで細菌が侵入して起きる頸管炎でもおりものや軽い腹痛を伴う場合があります。

 

生理前症候群との違いと、その見分け方

 

窓から外をのぞく女性

 

大なり小なり、全ての女性が生理中や生理前後は違和感を感じるものです。女性ホルモンが大きく変化するからです。

 

そんな中、病気が原因の下腹部痛の場合、場合によっては放置したままにしていると不妊の原因となるような深刻なものもあります。

 

毎回鎮痛剤を飲んでいるという人も、1ヶ月に3日ほどしか使用しないのですから、身体が薬に慣れてしまって効かなくなるというわけはありません。

 

やはり原因は違うところにあると考えられるので、月経血量なども変化があったら疑ってみることが必要です。

 

毎回鎮痛剤で抑えている人や低用量ピルなどを飲んでいる人もいますが、実際は身体がきちんと健康体なら、薬に頼らなければならないような痛みはそうはないはずです。

 

ひどい激痛や下痢が生理前に毎月起こるのは、子宮のトラブルかも

生理前になると毎月のように腹部に激痛がはしるような場合には、子宮内膜症などの病気が進行している疑いがありますので、まずは婦人科を受診し、病気がないか診断してもらいましょう。

 

激痛をそのまま放置していると、その時は子宮内膜症などの病気が見つからなくても、その後の子宮トラブルの発生リスクを高めてしまう危険性があります。

 

また、子宮内膜症に気づかず放置していると、不妊症などの原因になって妊娠出産に影響するケースもあるといわれています。

 

見分け方としてはまず、いつもと違った激しい痛みが出てきた場合には病気を疑いましょう。ある程度の痛みは、痛みが酷くなる前に鎮痛剤を飲んでおけば治まるものです。

 

しかしながら、飲んでも効かないほど激しければ子宮内膜症や子宮筋腫、子宮頸がんなどが原因となっていることも考えられるので、我慢しないで早めに病院や専門の医療機関を受診されることをおすすめします。

 

腹痛だけど、薬を飲んでも効かない…

薬以外の対処法をご紹介します!

生理前の一週間ぐらいは、黄体ホルモンの分泌量が増えてくるので、頭痛や腹痛、ムカムカする胸やけや下痢、過敏性腸症候群、精神的な落ち込みやイライラなどを経験したことがある人も多いと思います。

 

特に腹痛は不快な症状なので、改善方法が知りたい人が多いと思います。薬を服用しても効かない場合の対処法をアドバイスします。

 

アロマオイル

天然の植物のネロリには、心身をリラックスさせてストレスを緩和する働きがあるので、アロマオイルとして使用すると体の調子を整え体質改善する効果があります。

 

軽い運動

生理前は体がだるく、眠気を感じたり疲れやすくなります。腹痛を感じることも多いので運動不足になりがちですが、バランスボールやストレッチなどの無理のない運動を行うと血流を促進する働きがあるので、試してみてください。

 

ツボ押し

生理前の腹痛や月経痛治療の効果があるといわれるツボをご紹介します。

 

仙骨(せんこつ)

腰椎の下、ちょうど尾骨の上あたりにある4対のツボです。凹んでいる部分を十分に押してマッサージしてください。

 

三陰交(さんいんこう)

くるぶしの内側の上に人さし指3本分ほどいったところの位置にあるツボです。骨に沿って徐々に力を加えるように押してマッサージしてください。

 

布ナプキンを使う

布ナプキンを使用することのメリットは、ナプキン自体であたためることができるためで、これが生理痛に効果的なポイントのようです。

 

お腹まわりをあたためる

腹巻、ひざ掛けやホッカイロなどで外からお腹周りをあたためるようにします。ホッカイロが入れられる腹巻などもありますので、そういったものを利用するのもよいでしょう。

 

お風呂で湯船につかる

湯船では、15〜20分ほどみぞおちあたりまでつかる入浴法がおすすめです。ポイントは額に汗をかくまで温まるようにすることです。

 

これらの対処法は、いずれも一度試してみる価値はあると思います。しかし、もしも依然として症状が続くようでしたら、やはり専門の病院を受診されることをおすすめします。

 

生理前の腹痛を和らげる食べ物

ハーブティー

生理前の腹痛が見られる時の緩和法としては、体を冷やすカフェインを含んでいるコーヒーや緑茶などの飲料は避けて、心身をリラックスさせてストレス解消したり、体を温めるハーブ茶を飲むとよいでしょう。

 

ドライフルーツ

プルーンやマンゴー、バナナ、レーズンなどのドライフルーツには、豊富なビタミンやミネラルなどの有効成分が含まれています。優しい甘味が特徴で、消化吸収がよくおいしいので、腹痛を感じている時の栄養補給にすると良いでしょう。

 

炭酸水(無糖のもの)

炭酸水には血液の流れをよくする効果があるといわれます。生理前の腹痛の原因としては、血行の悪さが関係していると考えられているので、無糖の炭酸水を選んで飲むようにしてみてください。

 

温野菜

食材を加熱調理すると、体をあたためる効果がありますので、生理前の腹痛対策にはうってつけです。

 

豆乳や豆乳を使用した食べ物

豆乳には大豆イソフラボンという成分が含まれていますが、この成分が生理前の腹痛を改善してくれる効果があるようです。

 

プルーン

鉄分が不足することによって生理前の腹痛がひどくなることがありますが、プルーンは鉄分を手軽に補ってくれる食品です。

 

摂るのを控えた方がよい食べ物

コーヒー(カフェインが含まれているもの)

コーヒーには一般的にカフェインが含まれていますが、カフェインには体を冷やす作用があります。

 

体が冷えると、プロスタグランジンという物質が子宮の中ににとどまってしまいます。プロスタグランジンは生理前の腹痛の原因のひとつといわれ、この物質が増えると痛みを悪化させることにつながるといわれます。

 

このような理由から、個人差はありますが、コーヒーを飲みすぎないことによって生理前の腹痛を改善できる可能性があるとされています。

 

チョコレートなど糖分の多い甘いお菓子など

砂糖などの糖分には体を冷やしてしまう作用があります。また、糖分には疲労回復力がありますが、摂りすぎると体内からビタミンやカルシウムを奪う作用があるため、不快感やイライラ感を促進させてしまうことにつながります。

 

一番おすすめはサプリメント!

月経前症候群のPMSで体調が優れない時は、女性ホルモンと似た働きの大豆イソフラボンが豊富に含まれたサプリメントや、ビタミンやミネラル、酵素などを補うようにすると、体の調子を整える働きが期待できます。

 

また、サプリメントには医薬品のような副作用もなく、安全性が高いのでお勧めできます。

 

サプリメントや錠剤

 

腹痛の痛みの種類と部位別!それぞれの原因と対処法

突然お腹に痛みを感じると、何が原因か知りたいと思う人は多いでしょう。痛みの感じ方や位置の違いによって考えられる原因と対処法が変わってきます。自分がどの痛み方をしているかを把握して、対処していきましょう。

 

痛みの種類と部位 考えられる原因
ズキズキとする腹痛 腸炎や食中毒、急性胃腸炎、潰瘍性大腸炎、大腸憩室炎、子宮筋腫などが考えらます。みぞおち部分が痛む時は、胃関係が影響している場合が多いでしょう。
チクチクとする腹痛 腸閉塞、腸捻転、尿路結石や膀胱炎などがあります。このチクチクとした痛みが鋭痛に変わることが多い為、様子をしっかりと見る必要があります。また、痛みが右下腹部痛やみぞおちに変わっていくと盲腸の可能性が出てきます。
シクシクとする腹痛 シクシクを鈍痛と例えるならば、生理痛や子宮内膜症、子宮内膜炎が考えられます。
みぞおちが痛い 急性胃炎や胆石症、膵炎、盲腸が考えらます。また心筋梗塞の場合もみぞおちに痛みを感じることがありますので注意が必要です。
中腹部が痛い 大腸や小腸などの病気が考えられます。
脇腹や横腹が痛い 胆のう炎や胆石症、尿路結石が考えられます。

 

腹痛の痛み方には、内臓痛と体性痛、関連痛があり、内臓痛とは胃や腸、尿管、胆のうなどの管腔臓器が無理矢理伸びたり縮んだりすることによって起こります。

 

内臓痛は吐き気や嘔吐、顔面蒼白などが同時に起こることもあるため、注意が必要です。体性痛は突き刺すように始まり、内臓痛よりも長い間続くのが特徴です。

 

また、体性痛は体を動かすことで痛くなることが多く、特に歩くと響くように感じる人が多いようです。関連痛は、患部ではない場所に症状が出るものをいいます。

 

どうしてもつらい時はクリニックへ!

どの症状が出ているのか、どれぐらい続いているのかを把握して、自分で治療法が分からず対処できない場合は命に関わることもありますから、迷うことなくクリニックに行くようにしましょう。

 

PMSのだるい、胸が痛いに…(姉妹サイト)

あなたの生理前のだるい、眠いはPMSが原因かも。あ、体が軽くなった!
http://www.xn--n8jvcvg435lji9afnb.com/
生理前になると、だるい、眠いと感じることはありませんか?

 

生理前に胸が痛い! 張る! ちょっと心配なこの症状の原因は…
http://www.xn--n8j873h79wd6a60ay10c.biz/
生理前に胸が痛い、 張るということはありませんか?